忍者ブログ
WebsiteのSEO対策情報。その他、興味ある事を書きます

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リスク


SEOを外注する際、リスクは常について回ります。リスクを考えずにSEOを外注することはやめた方いいです。ペナルティを受ける、ランクダウンするかもしれないという様々なリスクを覚悟してでも、それでも少しの望みにかけてランキングを上げるためにSEOを施してもらうという考えの方以外は、SEOを外注するのはやめた方がいいです。SEOに正解はないのです。
悪徳SEO業者じゃなくても、普通にSEOを施していてランキングが下がる場合も無きにしも非ずのでかいです。もし、ランキングが上がるためとはいえ、少しでもランキングが落ちるのは許せないというのであれば、SEOの外注をしないことをオススメします。リスクを冒したくないのであれば自分で対策した方がいいです。

上位表示
SEM対策代行

サイトアーキテクチャーとは。要所3つ。URL論理構造、HTML(ページ)論理構造、リンク論理構造
順位SEOと集客数SEO。個々のURL順位に頼らず全体の勢い集客数に頼る
トンちゃんHP、グーグルモバイル「SEO対策」10位(携帯),「SEO対策」23位(携帯+PC)

千葉県の男性脱毛Site
男性脱毛 千葉

Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
順位上げるSEOスパムに強く、順位下げる逆SEO対策・逆SEOスパム・ネガティブSEOに弱いグーグル検索エンジン
内部対策の要、コンテンツSEOとは。コンテンツ版、三本の矢「キーワード最適化,充実度,独自性」
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
URLに被リンク供給で一定期間、順位不安定になる。新規被リンクの評価が定まると検索順位は以後安定
短期的なアルゴリズムに最適化させても上位表示は一時的・一過性で終わる。中長期アルゴリズムに最適化
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
PR

問合せ


SEOはリスクを伴います。リスクを伴うのはSEOに限ったことではないのですがね。よくある問合せとしては、「SEOをお願いしたいのですが」。当たり前のことなのですが、このような問い合わせをしてくる方に多いのが、内部外部も対策バッチリ!ということです(汗)^^;。これ以上何を求めているの?!とこちらが問い合わせたくなります(笑)。しかしお問い合わせくださる方々は真剣、または不安なのです。
内部も外部も対策をしっかりとしているつもりだけど、ランキングがそれ以上上がらないから、この対策のままでいいのか不安だからなど、理由は様々なのです。しかし過剰なSEOは通用しなくなってきているので、対策バッチリしているなら何もしない方がいいのです。

SEO対策 プロ
被リンク

トンちゃん ブログ

キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
トップページURLの最後のスラッシュ「/」有る無しでGoogleページランクが変わるのは面白い
記事投稿を1つのブログに「一点集中」させYahoo(=Google)での評価を高める
2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
SEO成功者,SEO対策で成功する人の特徴
ROSリンクのみで検索エンジン上位表示は可能か?もちろん可能
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
グーグル・ヤフーで「SEO対策」37位。ビッグワードは被リンクペナルティ回避最優先で対策
キーワードAで最適化されたコンテンツを複合キーワードABでGoogle安定上位表示は可能?不可能
ネットショップは誰でも簡単に作れる。無料ネットショップ FC2 カートとその内部SEO対策
SEO対策用サテライトサイト(衛星サイト)の更新継続は必須か?更新ゼロでもSEO効果は持続する
米Googleはページの表示速度を検索順位に反映させているようだ
購買目的キーワードはヘッド・テール・ロングテール問わず売上に繋がる。ビッグ・ミドル・スモール違い

もし


もしペナルティを受けてインデックスを削除された場合、何が原因なのか分からないということがあります。そうなったら対処のしようがありませんので、新規ドメインでサイトを運営するしかありません。ペナルティを受けたサイトはどんなSEOを施してもランキングが上がってくることはありません。いずれ上がるだろうと淡い期待を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは無理です。
うち自身が実証済ですから・・・^^;。嫌な実証済みですが、これは実証して良かったと思います。ペナルティを受けることはこんなにも競争力が落ちるのだということが分かりました。アクセス数も全然違います。びっくりするくらいアクセス減りますから、ショック通りこします^^;。

SEO対策 料金
SEO対策 Q&A

SEO情報ブログ
Webサイト サービス
Webサイト 料金
SEOサービス
トンちゃんSEO
SEO料金
トンケン経営研究所
トンちゃん
SEOサービス
SEO情報ブログ
SEOサービス
広告代理店サービス
SEOサービス
SEO